FC2ブログ
毎日更新できるのか。 そんな自分との闘いを克明に描く、ぶろぐ。

Gentle歌舞伎者。

Date -------- --  Time --:-- *

» スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 Category:スポンサー広告* CO(-) TB(-) Top 】

COMMENT-FORM : COMMENT-LIST

COMMENT

NAME
SUBJECT
BLOG/HP
PASSWORD
SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

Date 2005-09-05 Mon  Time 07:28 *

» まったり日曜日。

今日もまったり過ごしてしまいました。

久々にまたグラディエーターを見たりしていました。
久々に見ると新しい発見があったりなかったりで終始興奮のるつぼでありました。
これで11回目です。そりゃー台詞も覚えてしまいますよ!

そういえば、ほに鯖から落として、たかしに渡す予定のジョジョもストーンオーシャンに目を通していなかったので流してみました。

原作者は荒木飛呂彦ですが、この人同郷なんですよ!
初受賞作品の「バージニアによろしく」で故手塚治虫から「映画をよく見ている。」と評価をもらっていて、指摘通り若き荒木飛呂彦はめっさ映画を見ていたそうです。
読んでる人にしかわからないかも知れぬですけど、ジョジョは展開がドラマチックですよね。

なんて表現してよいか分かりませんが、ジョジョは基本的に読者が知りえない情報を謎のまま残しておいて後から二転三転するケースが多いですが、このタイプでここまで精巧に出来てるのって他にあずみくらいしかわかりませんです。
週刊の、しかもジャンプでそれをやってしまうなんて。

とにかくストーンオーシャンではそんな映画好きやオーパーツ好きが他の作品より遥かにリアルに伝わってきましたが、何か露骨っぽいところが諸々。
途中、ブルース・リーの「死亡遊戯」をフォローしつつ格闘漫画にしてたり、メメントそのまんまやってたり、未確認飛行物体ロッドについて書いていたり。
このフットワークの軽さも好きだけど、前のようなぶっ飛んだ物語が恋しいです。
第2部のような!

第5部は設定活かしきれてなかった気がするけど秀逸だったなぁ。
最後ぐでんぐでん。
第4部でやっていたテーマが完成された感がありました。
あ、一番好きなのは第1部です。
第3部安定。

いつものように話がずれてしまった訳ですが、何だか荒木飛呂彦が普段見てるTV番組とかが見えてきて、ネタの出所が知れてしまったような。
短編集「死刑執行中脱獄進行中」みたいなインパクトがなかったとです。
数ある酷似したストーリーの中でもリキエルとの戦いは、第5部のペッシとの戦いの展開に特に似てる気がしました。

でも荒木ワールドはやっぱり素晴らしいです。
世界のキャラクターや芸術作品達が現実に出てくるお話はわくわくしました。
一体どれだけ世界の出来事を勉強してるんだろう。
まぁ小説や映画からインスパイアされたりもしてるのでしょうけど。
そうそうスティールボールランはジョジョの続編なんですよね。
ジョジョは去年の時点でも9部くらいまで話が完成してるそうです。

そんな訳で話終わりそうにないので強引に終了してみたりしてみても?
スポンサーサイト
【 Category:未分類* CO(0) TB(-) Top 】

COMMENT-FORM : COMMENT-LIST

COMMENT

NAME
SUBJECT
BLOG/HP
PASSWORD
SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。